インターフィルム Interfilm Online
   
     
 

―×―  マイナス・カケル・マイナス

 

 
―×―  マイナス・カケル・マイナス
2011年劇場公開作品
border

あのスフィアの寿美菜子が、声優デビュー前に主演した話題作!
各国映画祭でも高い評価を受け、制作から3年後の2011年には、遂に劇場公開し大ヒット!!

★インディーズシーンから生まれ、数々の国際映画祭で高い評価を受けた注目作! 新鋭、伊月肇監督の初長編作品。それぞれに痛みを抱えた人生が、ひとつの街の片隅で交差する。
★ソロ歌手として、声優として、声優アイドルユニットスフィア"として大活躍中の寿美菜子、そんな彼女の声優デビュー前の主演作品!
★2011年には、渋谷ユーロスペースで公開され、評価の高さから都内では拡大公開された話題作!

ソロ歌手として、声優として、声優アイドルユニット“スフィア”として大活躍中の寿美菜子。そんな彼女が声優デビュー前に出演した主演三作品(「マイナス・カケル・マイナス」「blue bird」「GHOST OF YESTERDAY」 )が遂にレンタルDVD化する。誰も知らない、彼女のプレミアムな映像をお楽しみください!! 

この三作品は新進気鋭の監督たちが関西ゼロ年代作家として注目を浴びるきっかけのひとつとなった作品群で、各作品とも映画祭等で高い評価を得ている。本作「マイナス・カケル・マイナス」はローマ国際映画祭、ヒューストン国際映画祭等に招待され、審査員特別賞を受賞するなど特に注目を集めた作品。制作から三年後の、寿美菜子が声優として大ブレークした2011年には遂に劇場公開され大ヒットとなった。何気ない日常の中、それぞれに痛みをかかえて生きる人々、そして外国では当たり前のように戦争が・・・。しかし、その多くの痛みたちは、つながらず、理解されず、人の前を通り過ぎていく。本作はそんな痛みを抱えた人々をただただ温かくきりとっていき、かすかな希望を観る者の心に灯していく。

 

製作・監督・脚本・編集:伊月肇
制作・脚本・音響効果:松野泉
撮影:高木風太
照明:浅川周
美術:塩川節子、樋口麻衣
録音:東岳志
助監督:桝井孝則
メイク:窪田やよい
衣装:鳥越麻由
音楽:森谷将之
  image
澤田俊輔
寿美菜子「ベルセルク」シリーズ「映画けいおん!」
長宗我部陽子
大島正華
     
大阪郊外の古い小さなアパートに独りで住むタクシードライバーの貴治(澤田俊輔)。夜勤明けは大抵、消費者金融からの電話や新興宗教の勧誘、隣室からの喘ぎ声を適当にやり過ごし、部屋で一日無為な時間を送っている。ある日いつも通り市内をタクシーで流していると、妙な色気と無邪気さを持ち合わせた不思議な客・京子(長宗我部陽子)を乗せる。この出会いは、貴治の眠っていた黒い欲望をかき立てることに・・・。一方、両親の離婚で父と暮らすため、新生活を迎えた凛(寿美菜子)はずっと心に引っ掛かる、“ある思い”を両親や親友にも打ち明ける事ができずにいた。 そんな気持ちを抱えながら母との再会で、凛の悲しみは静かに、そして激しく流れ出す。彼らは今まさに、始まろうとしている異国の戦争を思い描くことはおろか、目の前のささやかな日常さえどうにも出来ずにいた・・・。これは大阪郊外で暮らす小さき者の「喪失と希望」の物語。
     

―×―  マイナス・カケル・マイナス
 
【DVD】
発売日: 2013年11月2日(土)
品番: IK13-0721

2008年
日本
カラー作品
120分
2.0chドルビーデジタル
言語:日本語
音声:日本語
16:9 LBビスタ
片面2層
MPEG-2
特典映像:予告+短編『トビラを開くのは誰?』(約15分)

 

―×―  マイナス・カケル・マイナス
 

【DVD】
発売日:2013年 11月2日(土)
品番:IFD-224 
税込価格:¥3,990
(税抜価格:¥3,800)

2008年
日本
カラー作品
120分
2.0chドルビーデジタル
言語:日本語
音声:日本語
16:9 LB
片面2層
MPEG-2
特典映像:劇場用予告編+短編『トビラを開くのは誰?』15分 出演:鈴木知憲/優恵 香港国際映画祭を始め、ドイツ、イタリア、オランダ、台湾などの映画祭で上映された伊月肇監督の短編作品